糖尿病-検査方法と診断基準

糖尿病

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目次

  • 糖尿病とは
  • 糖尿病の症状
  • 糖尿病の原因
  • 糖尿病の治療
  • 糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)
  • ブドウ糖負荷試験
  • 空腹時血糖値
  • 食後2時間血糖値
  • 尿糖
  • 眼底検査

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度である血糖値が異常に高い状態が続く病気である。

 

血糖値が高いと、主に毛細血管が糖分によって傷つけられ、さまざまな合併症を引き起こす。
特に、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症は糖尿病の三大合併症と呼ばれ、重篤な合併症である。

 

糖尿病の検査には、血液検査で実際に血液の血糖値を調べるのが簡単で正確な方法である。
しかし、血糖値は患者の心身の状態によって大きく変動するため、ある一定の条件にコントロールした状態で血液検査を行う。

 

糖尿病の症状

糖尿病の症状は初期症状と合併症がある。
初期症状には尿糖・多尿症・多食。多飲・倦怠感・疲労感などがある。
合併症には次の3つがある。

  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症
  • 糖尿病性網膜症

それ以外にも、急性症状として

  • 非ケトン性高浸透圧性昏睡
  • 糖尿病性ケトアシドーシス

などがあり、意識障害や昏睡状態に陥ることがある。

 

糖尿病の原因

インスリン分泌不全型(インスリンが出なくなる)の1型糖尿病の場合は遺伝的要因やウイルス感染などが考えられている。
インスリン抵抗性の増加による2型糖尿病の原因は遺伝的要因のほか、運動量の低下、食生活の悪化、内臓脂肪の蓄積など、生活習慣の悪化によるところが大きいとされている。

 

糖尿病の治療

1型糖尿病の治療方法はインスリン注射であり、現在のところ、1型糖尿病の唯一の治療法である。
2型糖尿病の治療方法は、食事療法・運動療法を基本とし、それでも効果のない場合、薬物療法(血糖降下薬)を用いる。
インスリン注射が処方される場合もある。
ただし、薬物療法・インスリン注射は対症療法であり、糖尿病の原因を根本的に治療するものではない。

 

糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)

糖化ヘモグロビンA1c(HbA1c)とは、赤血球のヘモグロビンのうち、血中のブドウ糖と結合しているヘモグロビンの割合を調べる検査。
ヘモグロビンの寿命は約4ヶ月であり、HbA1cは最近数ヶ月の血糖の推移を反映する指標とされている。
このため、HbA1c検査では空腹時血糖値では見過ごされやすいタイプの糖尿病を診断することができる。

 

診断基準は以下のとおり

10.0(%)以上非常に悪い
8.0 - 9.9悪い
6.6 -7.9やや高め
5.8 - 6.5良い(治療の目標値)
5.8未満健康な人の値

なお、HbA1cの値の1(%)の違いは血糖値で30mg/dLの違いに相当すると言われている(あくまで目安)。
また、最近では、自宅で検査して数日後にメールでHbA1cの結果を受け取るサービス が行われている。

 

ブドウ糖負荷試験

ブドウ糖負荷試験とは、75gのブドウ糖液を飲んで、その後の血糖値の変化を調べる検査。
2時間経過後、血糖値が200mg/dL以上であれば、糖尿病型と診断される。
ブドウ糖負荷試験は、食後に血糖値が急上昇するタイプの糖尿病を検査するのに有効とされている。

 

空腹時血糖値

空腹時血糖値とは、朝食を抜いた空腹時の血液検査で血糖値を測定し、糖尿病を診断する方法。
血糖値による糖尿病の診断の中では最も基本的な検査方法。
空腹時血糖値による診断基準は以下のとおり。

血糖値診断
126mg/dL以上糖尿病型
110 - 125mg/dL境界型
70 - 110mg/dL正常型

 

食後2時間血糖値

食後2時間血糖値とは、食べ始めから2時間後の血糖値のこと。
これは食べた物のおよそ半分が腸に移動する頃とされている。
食後2時間血糖値は、近年では空腹時血糖値よりも重要視されている。
ブドウ糖負荷試験とは、通常食後2時間血糖値のことを指す。

 

食後2時間血糖値の診断基準は以下のとおり

血糖値診断
200mg/dL以上糖尿病型
140 - 199 mg/dL境界型
140mg/dL未満正常値

 

尿糖

尿糖とは尿中の糖分を測定する調べる検査方法。
起床直後、朝食前の尿を採取する。尿糖の検査は血液検査をする必要がなく、簡便であり、集団健診によく用いられる。
ただし、精度は低く、尿糖で陽性と出たら即糖尿病というわけはない。ブドウ糖負荷試験などの他の検査を受け、糖尿病かどうかを診断する。
また、逆に尿糖が陰性でも糖尿病のケースもある。

 

眼底検査

眼底検査とは眼球の毛細血管を検査し、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症の発症の有無を調べる検査。
糖尿病になると高血糖状態の血液が眼の血管を傷つける。
眼底検査では血糖値などを測定するわけではないので、糖尿病そのものの診断をするわけではない。
しかし、眼底検査では失明の可能性のある糖尿病性網膜症の発症を調べるという意味で、非常に重要な検査である。

このエントリーをはてなブックマークに追加