心筋梗塞・狭心症-検査方法と診断基準

心筋梗塞・狭心症

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目次

  • 心疾患(狭心症・心筋梗塞)とは
  • 症状について
  • 原因について
  • 治療について
  • 運動負荷試験心電図
  • ホルター心電図
  • 心臓エコー
  • 心臓カテーテル検査
  • 心筋シンチグラム

心疾患(狭心症・心筋梗塞)とは

心疾患とは、悪性新生物(がんなど)に次ぎ、現在の日本人の死因の第二位を占める病気である。
心臓に血液を送る血管(冠動脈)が細くなったり詰まったりすることで、心臓にほとんど血液が送られない状態が続く(虚血)ことが原因で生じる。
虚血状態が長時間続き、心筋細胞の一部が壊死する症状を心筋梗塞、一過性・突発的な症状を狭心症と区別する。

 

症状について

心筋梗塞・狭心症の症状は次のとおりである。

心筋梗塞狭心症
痛み方激しい胸の痛み。吐き気や冷や汗を伴う。締め付けられるような痛み。重苦しさ、圧迫感
持続時間30分から数時間1-5分までの短い発作。長くて15分くらい
痛む部位左肩やあごへの放散痛。歯痛の場合もある。前胸部胸骨裏面が最も多い。
発症のきっかけ寒い日の朝、入浴前後、飲酒後、食後、運動後などが多いが労作とは無関係に起こる場合も多い労作時、興奮時、食後など早朝から午前中の動き始めに多い(労作狭心症)。睡眠中や安静時にも起こりうる(安静時狭心症)。
注意点糖尿病を併発している場合は神経障害のため痛みが軽く症状を見過ごしがちなので注意ニトログリセリン舌下で症状は消失する。

原因について

心筋梗塞や狭心症の原因は冠動脈(心臓の動脈)動脈硬化や血栓(血液成分のかたまり)が冠動脈を詰まらせることで、心筋への血流がストップすることである。
このような状態が生じる原因(危険因子)としては、肥満・糖尿病・高血圧・高コレステロール血症といった、いわゆるメタボリンクシンドロームのほか、喫煙・過度の飲酒・ストレス・運動不足など、生活習慣の悪化によるところが大きいとされている。

 

治療について

心筋梗塞の発症24時間以内の治療では、カテーテル的治療または血栓溶解療法といった、冠動脈の再灌流療法が有効であるとされている。
冠動脈が詰まった部位が多い場合は冠動脈大動脈バイパス移植術が行われることもある。

 

狭心症の治療はニトログリセリンやカルシウム拮抗薬などの薬物療法が中心である。
また、再灌流療法や冠動脈大動脈バイパス移植術が行われることもある。
再発予防として、危険因子を排除するための運動療法・食事療法を中心とした生活習慣の改善も重要である。

 

運動負荷試験心電図

運動負荷試験とは、運動中に心電図検査と血圧測定を行う方法で人間ドックで用いられる。
安静時には見られない心疾患の症状を検出することができ、とくに狭心症の検査に有効。
運動の種類は主に自転車エルゴメーターを用い、漸増負荷試験という方法を用いる。
これは、ごく弱い負荷から運動を始め、時間が経つにつれて徐々に負荷を高くしていく方法である。
運動負荷試験では心臓の機能だけを調べるので、症状が心疾患によるものなのか、あるいは他の疾患によるものかを区別することができる。

 

ホルター心電図

ホルター心電図とは、一日を通じて心拍の様子を心電計で監視する方法。
病院などでの心電図検査と違い、24時間を通じて日常生活における心機能の様子をモニターすることができる。
ホルター心電図は、通常、心疾患の2次検査で用いられ、心疾患の確定診断で用いられる。

 

心臓エコー

心臓エコーとは、超音波を用いて心臓の状態を検査する方法。
心臓エコーは心電図と違い、心臓の状態を画像として見ることができる。
ゆえに、心臓エコーは心臓の各部の状態、とくに弁の状態を検査することに長けており、弁膜症の疑いがあるときに用いられる。
また、心臓エコーでは心肥大や心膜炎、心筋炎なども診断することができ、痛みがないので、簡単に正確な情報が得られるというのが利点である。

 

心臓カテーテル検査

心臓カテーテル検査とは、動脈内にカテーテル(細い管)を通し、そこから造影剤を注入し、心臓の動脈(冠動脈)を撮影する検査方法のこと。
狭心症や心筋梗塞の診断に用いられる。
心臓カテーテル検査では、冠動脈のうちのどの血管がどの程度狭くなっているか、またはどの程度詰まっているのか詳細に調べることができる。
つまり、心臓カテーテル検査は、心臓そのものを検査する方法ではなく、狭心症や心筋梗塞の原因である冠動脈の状態を詳細に調べる方法である。

 

心筋シンチグラム

心筋シンチグラムとは、放射線同位元素(RI)を体内に点滴注入し、RIの心臓への取り込まれ方を調べる検査方法のこと。
狭心症や心筋梗塞の診断に用いられる。
心筋シンチグラムは、冠動脈の状態を調べるのではなく、心筋細胞が虚血か虚血でないかを調べる検査。
したがって、心筋シンチグラムは心臓カテーテル検査の次の段階として行われることが多い。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加