脳血管疾患(脳梗塞など)-検査方法と診断基準

脳血管疾患(脳梗塞など)

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目次

  • 脳血管疾患とは
  • 脳梗塞の症状・原因・治療
  • 脳出血の症状・原因・治療
  • MRI検査
  • CT検査
  • 頸動脈エコー
  • 眼底検査

脳血管疾患とは

脳血管疾患とは、悪性新生物・心疾患と並び、「三大生活習慣病」と呼ばれる疾患である。
脳の血管が詰まったり破れるなどして、脳細胞に血液が供給されないことが原因で生じる。
脳血管疾患の主な種類は脳梗塞・脳出血・くも膜下出血である。また、脳卒中とはこれらの脳血管障害が急性に現れたものを指す。

 

脳梗塞の症状・原因・治療

脳梗塞とは脳に栄養や酸素を送る動脈が詰まり、脳が虚血状態になり、脳細胞が壊死、またはそれに近い状態になることを言う。
脳梗塞の症状は麻痺・感覚障害・失調・意識障害・高次脳機能障害など。

 

脳梗塞の主な原因は血栓による脳動脈の閉塞であるが、その危険因子として喫煙、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧などが挙げられる。

 

脳梗塞の治療は抗凝固薬を用いて血栓を溶かす、血漿浸透圧を高めて脳浮腫の軽減をはかる、脳細胞にダメージを与える活性酸素種の発生を抑えるなど初期の治療法としてある。
薬剤による治療が困難な場合、開頭手術によって減圧する。

 

脳出血の症状・原因・治療

脳出血の症状は出血の部位・程度によって異なるが、高次機能障害・失語症・失認・失行・対側の片麻痺・四肢麻痺・昏睡状態などがある。特に脳幹出血は予後が非常に悪い。
脳出血の原因(危険因子)として高血圧・動脈硬化・糖尿病・喫煙などが挙げられる。

 

脳出血の治療方法は降圧剤で血圧を下げて再出血を予防する薬物療法が中心である。
また必要があれば浸透圧性利尿薬やステロイド薬を投与し、頭蓋内圧亢進症状を抑える。

 

MRI検査

MRI検査とは、磁力を応用して脳の内部の状況を画像化する方法。
MRI検査では脳内の病変を非侵襲的(外から手を加えずに)に発見できる。
また、MRI検査はCTよりも精度が高く、自覚症状のない脳梗塞も発見できるという点で優れている。

 

CT検査

CT検査とは、X線を脳の内部の状況を画像化し、脳内の病変を非侵襲的に発見する方法。
脳を輪切りにした状態の画像を撮影できる。
CT検査は短時間で撮影できるものの、精度はMRI検査より低く、脳梗塞の小さな病変を発見することは難しい。

 

頸動脈エコー

頸動脈エコーとは、超音波を用いて頸動脈の様子を調べる検査方法。検査は短時間で済み、被曝などの影響がない安全な方法。
頸動脈エコーは脳や脳血管の病変を直接検査する方法ではない。
しかし、頸動脈は心臓から脳血管への血液の通り道であり、頸動脈の動脈硬化の度合い、プラークの発生は脳血管疾患の重要な危険因子である。
したがって頸動脈エコーは、脳血管疾患の危険性を調べることができる簡便で有効な方法である。
また、頸動脈は動脈硬化を起こしやすいため、頸動脈エコーは全身の動脈硬化の進行状況を把握できる検査方法でもある。

 

眼底検査

眼底検査は眼球の奥の血管を検査し、動脈硬化の度合いや血流の状態を調べる検査。
眼底検査は脳ドックで行われる検査で、脳卒中の危険因子を調べることができる。
また、くも膜下出血では網膜前出血をみることもあり、眼底検査はくも膜下出血の検査にも有効である。

このエントリーをはてなブックマークに追加