乳がん-検査方法と診断基準

乳がん

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目次

乳がんとは

乳がんの治療方法

マンモグラフィー

超音波検査(エコー検査)

触診法

細胞診

乳がん検査の有効性

乳がんとは

乳がんとは乳腺にできるがんである。
乳がんの発生は、20歳過ぎから認められ、40代後半から50代前半にピークになる。
乳がんは現在女性では最も発生の多いガンである。

 

乳がんの発生は女性ホルモンの過剰分泌と関係があるのでないか、と言われている。
初潮開始年齢の低年齢化、閉経年齢の高齢化、初産の高齢化、肥満、ホルモン補充療法、ピルの常用などが乳がんの危険因子となりうる。
乳がんの初期症状としては「しこり」の発生が知られているが、そもそもしこりはある程度大きくならないと発見しづらい。
また、しこりと伴わないケースの乳がんもある。
したがって、乳がんは定期健診で早期発見することが確実である。

 

乳がんの治療方法

乳がんの治療方法は、早期発見できれば抗がん剤の服用だけで乳がんを治療できる場合がある。
腫瘍を手術で取り除く場合は、乳がんの進行度によって取り除く範囲は違ってくる。

 

現在では、できるかぎり乳房を温存しようとする方針になっている。
また美容形成外科とした連携で乳房の再建なども行われつつある。

 

手術後の乳がん治療としては、抗がん剤・放射線・ホルモン作用薬などの治療法がある。

 

マンモグラフィー

マンモグラフィーとは、乳房を上下から挟み込んで平らにし、X線撮影を行って乳がんを発見する検査方法。
触診ではわかりにくい小さな乳がんも発見することができる、精度の高い検査方法。
乳がんの早期発見としては優れた方法であるが、乳房の小さい人ではやや確実性が落ちる可能性がある。
人間ドックではオプション扱いになるが、年に一度検査しておくのが望ましい。
乳房を平らに押しつぶすので、人によってはやや痛みを伴う。

 

超音波検査(エコー検査)

超音波検査とは、乳房に超音波を当て乳腺の様子を画像化し、乳がんを発見する方法。
マンモグラフィーと違い、X線を使用しないので、複数回受診できる。

 

検査費用も比較的安価で、乳がんだけでなく乳腺症も検査できる、苦痛を伴わないという利点がある。
しかしながら、検査には技量の差がでやすい。

 

触診法

触診法とは、乳房を直接触り、乳がんによるしこりがあるかどうかを診断する方法。
専門医だけでなく、自分で触診することもできる。
ただし、触診法では小さな乳がんを見逃す可能性が高いので、上記のマンモグラフィーを定期的に受診するのが望ましい。
マンモグラフィーとの併用は有効性が認められている。

 

細胞診

細胞診は、乳がんの確定診断として用いられる方法。
しこりに針を刺して細胞を採取し、がん細胞があるかどうかをチェックする方法。
ただし、細胞診は乳がんの転移を促進する恐れがあるという意見もあるため、しないこともある。

 

乳がん検査の有効性

現在、日本で行われている乳がん検査とその有効性に関する厚生労働省の見解は以下のとおりである。

検査方法有効性
視触診のみ

×

視触診とマンモグラフィの併用

視触診と超音波検査の併用

×

このエントリーをはてなブックマークに追加