子宮がん-検査方法と診断基準

子宮ガン

このエントリーをはてなブックマークに追加  

目次

  • 子宮ガンとは
  • 子宮ガンの原因
  • 子宮ガンの症状
  • 子宮ガンの治療
  • パップスメア検査(細胞診)
  • 超音波検査
  • 子宮がん検査の有効性

子宮ガンとは

子宮ガンには子宮の入り口にできる子宮頸ガンと、子宮体にできる子宮体ガンの2種類がある。
これらの子宮ガンの発生原因や部位が異なる。

 

子宮ガンの発生で多いのは子宮頸がんで、主に30代以降の女性に多く見られる。
一方、子宮体ガンは閉経以降の女性に多く見られる。

 

子宮ガンの原因

子宮頸ガンの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)感染である。
これは性交渉により感染するウイルスである。
通常HPVは感染しても免疫力によって排除されるが、感染が長期化すると子宮頸ガンに発展しうる。

 

子宮体ガンの原因はさまざまであるが、早期の閉経、出産の未経験である、メタボリックシンドロームである、タモキシフェンの使用、家族歴などが危険因子である。

 

子宮ガンの症状

子宮頸ガンの初期には自覚症状はほとんど見られない。
不正出血や、月経痛が見られることがある。
症状が進行すると不正出血が強く見られる。

 

子宮体ガンの初期症状は腟からの不正出血、月経不順など。
特に閉経後の膣からの出血は子宮体ガンが疑われる。

 

子宮ガンの治療

子宮頸ガンは定期的に検診を受診し早期発見すれば予防可能であり、HPVの種類によってはワクチンも存在する。
子宮頸ガンの場所が限定されているとき、多くの場合は電気メスやレーザー、凍結療法などでガンを完全に除去し、治療する。
この場合、妊娠・出産が可能である。

 

ガンが広がり始めている場合は放射線療法を行うか、子宮と周辺の組織を摘出して治療する必要がある。
さらに広範囲に広がっている場合や再発した場合は放射線療法か化学療法を選択して治療する。
ただし、治療の効果が見られない可能性も初期ガンに比べて高くなる。

 

子宮体ガンの治療方法は主に子宮と周辺組織の摘出である。
また摘出手術後に放射線療法・プロゲスチン療法・化学療法などを状態に応じて行われる。

 

パップスメア検査(細胞診)

パップスメア検査(細胞診)とは子宮頸部の粘液・粘膜の細胞を専用の棒で採取し、顕微鏡で細胞の病変の有無を検査する方法。
がん細胞が見つかれば子宮頸ガンの確定診断がつく。

 

パップスメア検査で子宮頸がんの80から85%を発見でき、ガンになる前の病変も検査できる。
また、子宮体ガンの検査においても同様に細胞診は行われる。

 

超音波検査

超音波検査とは、超音波によって子宮内部の状態を可視化して異常の有無を検査する方法。
パップスメア検査だけでは検査しにくい子宮体ガンの発見に有効。
また、子宮ガンだけでなく、他の子宮の病気(子宮筋腫・卵巣ガン・卵巣のう腫など)の発見も可能。

 

子宮がん検査の有効性

 現在、日本で行われている子宮がん検査とその有効性に関する厚生労働省の見解は以下のとおりである。
検査方法 有効性
細胞診(子宮頸ガン) ○

このエントリーをはてなブックマークに追加